ベースオブジェクトの変更を表情に反映 TransMorph

■TransMorph1.4 [Download]

Objectプラグイン

Keynote準拠の表情を作成したベースオブジェクト(の複製)に対して加えた変更を、各表情(エレメントオブジェクト)へ反映させます。

変更で頂点の追加や削除を行っていても、なるべくそれっぽく反映させます。

v3,v4両対応

(注意)TransMorphはsource objとdestication objの頂点対応をUnique IDを参照して判定を行うので、頂点の増減があっても対応できますが、UniqueIDというのはメタセコ上での編集中のみ有効で、セーブファイルには記録されません。なので、destination objを複製して作ったら、編集してTransMorphをかけるまでメタセコに乗せたまま一気にやってください。保存しておいて、また明日続きなんていうのはダメです。

なすさんによる解説動画:メタセコ用プラグイン【TransMorph】の使い方(ありがとうございます!)
※この動画後半で解説されているUV展開の修正を行う際には、ver1.4で追加したエレメントオブジェクトのUVモーフを反映させる機能はオフにする必要があります。(右下の「UV」のチェックを外す)

TransMorph1.4

  • ver.1.4 2014/11/03
    オブジェクトの頂点モーフ、頂点ウェイト、エッジ先鋭度、材質、UVモーフを反映させる機能追加。

「ベースオブジェクトの変更を表情に反映 TransMorph」への5件のフィードバック

  1. 頂点マーカーのページでいただいた要望について
    >transmorphが凄く便利で有難く使わせてもらっています。
    >要望になりますが座標、材質、ウェイト、UVの各要素に分けて変更を反映できるようにできないでしょうか。

    TransMorphは内部動作としてはdestinationオブジェクトのクローンを作って、elemオブジェクトの座標値のみを反映させるということをしています。
    ここでelemオブジェクトの材質などについても引き継ぐか否かを指定できるように、という意味でしょうか。
    sourceとdestinationで頂点構成が変わっている場合には対応できないかもしれませんが、そうでなければそのまま引っ張ってくることは可能かと思います。

    よろしければどういう目的で使いたい機能か教えていただけますか。
    UVモーフなどに使うんでしょうかね。

  2. 返信ありがとうございます。
    >よろしければどういう目的で使いたい機能か教えていただけますか。
    keynoteでウェイトペイントの代用としてサブディビのウェイトをボーンウェイトとして扱う機能があります。
    transmorphで変更を加えるとdestinationオブジェクトのウェイト値で上書きされてしまうのでここが不都合でした。

    1. ウェイトはすぐできるんですが、それ以外はちょっと書かないといけないので、ちょっと時間をください。いまあまり時間取れなくて

  3. 厚意のもとに配布されているプラグインに無理な要求をするつもりはありませんので出来る範囲でゆっくり作業されてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。