「uwsc」タグアーカイブ

MikuMikuDance用EquirectangularX AVI多面出力UWSCスクリプト

MikuMikuDance用EquirectangularX AVI多面出力UWSCスクリプト mmd_equirectangularx_output ver.β0.1[DL]

本スクリプトはWindows自動化ソフトUWSCを使用し、MikuMikuDanceのEquirectangularXによる多面出力を実現するスクリプトです。
とりあえず公開してみたベータ版。

ドキュメントにリンク書いてなかった…。このスクリプトは、ほうりき氏作のMME EquirectangularXの操作性向上のためのものです。
EquirectangularX(正式版) for MMD – BowlRoll

EquirectangularX正式版v1.0で、おまけにMMD Macro用自動化マクロを添付されていますが、本マクロは一応もうちょっとだけ高機能です。
それと、毎回MMDを再起動し、まったく同じ操作で出力しているので、焼き込まなくても物理演算が同じ結果になるはずです。

MMDスロー再生UWSCスクリプト 0.3 mmdslow

MMDスロー再生UWSCスクリプト mmdslow ver.0.3[DL]

本スクリプトはWindows自動化ソフトUWSCを使用し、MikuMikuDanceのスロー再生を実現するスクリプトです。
具体的には単純に一定時間毎に>ボタンや<ボタンを押す、または←,→キーを押しているだけです。

    • ver.0.3 2016/5/15
      ・吹き出し表示が重なる問題を修正。(吹き出し出力するスレッドを統一した)
      ・MMDウィンドウのアクティブ強制しないようにした。
      ・スロー再生停止中では、一部ホットキーを無効化。
      ―これにより停止中は速度変更等もできなくなりました。ただし、Ctrl+スペースキーで停止中ホットキー有効化をオンにすれば、再生停止中でも有効のままになります。
      ・MMDがノンアクティブでは全てのホットキーを無効化。
      ・プリセット0,1,2,3のウェイト値変更。
      ・ウェイト最小値を0.01から0に変更。

再生停止したときホットキーを無効にしたので、mmdslowを起動していても他の操作をするのに邪魔にならなくなりました。
しかし、0.2では止めているときでも再生速度の調整ができたのができなくなりました。停止中ホットキー有効にすればこれまで同様になります。ただしMMDがアクティブでないときは全て無効。

BowlRollにも同じ物を置いています。